急性期病院の看護師求人、転職 記事一覧

カテゴリ 掲載記事一覧

定義と役割について

急性期病院とは、緊急患者を受け入れるための病院のことです。病状が安定傾向にある患者を受け入れる慢性期病院に対し、早急に処置しないと命に関わる患者を受け入れています。

看護師に必要なスキル

看護師としてスキルを身につけるには、どこの病院で働くかが非常に重要となります。救急を要する職場では、集中力と精神力、また状況対応力が必須となります。

看護師の役割

急性期病院における看護師の役割は、急性患者の病状に適切に対処することです。そのためには、看護の知識と実践も重要になりますが、他の医療スタッフとの連携がさらに大切になります。

転職する際の志望動機

急性期病院に転職する看護師は、向上心が高い傾向があります。知識を活かすための職場を求めており、積極的にいろいろな経験をしたいという方が志望しております。

厚生労働省が指導するDPCについて

厚生労働省が指導するDPC制度のことはご存知ですよね。2003年4月に特定機能病院から適用が始まり、全国的に順次広がり、特に急性期病院では取り入れるべきものであるとされています。

急性期病院に必要な退院調整看護師とは?

急性期病院に配置されている退院調整看護師をご存知ですか?退院調整看護師は、入院患者が退院するためのサポートを行う看護師のことです。

働くメリットとは?

急性期病院で働きたい看護師が増えています。なぜ、わざわざ大変な急性期病院で働きたいのか、そのメリットについて調べてみました。急性期病院は救急の患者を受け入れる病院のため、業務は多忙を極めます。

働くデメリットとは?

急性患者の対応をすることは、スキルアップのために有意義ではありますが、そのスピード感についていけないことで、怒られたり自己嫌悪に陥ったりしてしまうと、精神的に疲れてしまうことが多くなります。

急性期病院と慢性期病院の違い

急性期病院とは、その名のとおり急性期の患者の治療をする病院のことです。急性疾患だけでなく、慢性疾患が急激に悪化した場合の処置も行います。

看護配置基準7:1を取得した病院は楽なの?

急性期病院で仕事が楽なところはないと言われています。「看護配置基準7:1」を取得した病院の場合は、「看護配置基準10:1」よりも仕事に余裕があるのが一般的です。

急性期病院で働きたい看護師さんへ

急性期病院で働きたい看護師さんの理由として、スキルアップに繋がるという点が挙げられます。急性期病院は残業・夜勤、急変対応が多く、ハードな労働環境ではありますが、その分様々な症例に触れることが出来るでしょう。

東京 急性期病院 求人

東京の急性期病院求人について調べてみました。やはり日本の首都ですから、急性期病院、急性期病棟のナース求人も豊富に見られますね。給与は30万円以上の募集が多く、福利厚生が充実している看護師求人もありましたよ。

大阪 急性期病院 求人

大阪で急性期病院のナース求人をお探しの方向けの情報ページです。急性期病院の看護師求人は、慢性期や介護施設よりも高給与が多いのが特徴ですね。それは大阪でも変わらない傾向にあるようです。

急性期病院が合わない時

急性期病院で働いているけれども、今の職場が自分には合わないかも? と考えている看護師さんへ。急性期病院は人手不足で忙しく、迅速な判断と適切な対応が求められますね。

退院調整看護師の求人

退院を調整する退院調整看護師ですが、求人募集は決して多くありません。一般的な病棟や外来のナース求人と比較して見つけにくい傾向にありますので、まずは人材紹介会社への登録から始めましょう。

急性期病院を辞めたい、転職したい

急性期病院を辞めたい、転職したいと思っている看護師さんへ。急性期の仕事が合わず、体力的にも精神的にも疲れ果ててしまうナースもいます。