急性期病院 スキル

集中力と精神力と状況対応力

看護師の中で、自身のスキルを磨きたい人は、急性期病院に就職してみてはいかがでしょうか?

看護師としてスキルを身につけるには、どこの病院で働くかが非常に重要となります。

救急を要する職場では、集中力と精神力、また状況対応力が必須となります。 常に適切な処置の実践力を求められるため、頭で知識を抱え込んでいるだけでは勤らないのです。

ルーチンワークを繰り返すことに抵抗がない、残業をせずに帰りたい、そういった仕事がしたいという方には、慢性期病院のほうが適しています。

ただ、急性期病院で経験を積めば、慢性期病院で働くときも楽になります。

出産・子育てにより、長期のブランクがある看護師の方は、復帰するときに慢性期病院を選ぶことが多いようです。

ブランクがある方が、教育システムが確立された施設じゃないと、いきなり急性期病院で活躍するのは肉体・精神的ともに非常に大変だからです。

急性期病院で活躍したい看護師の方は、その現実を知っておく必要があるでしょう。

就職したら、多忙な日々が続くのは間違いありません。 また、常に新しい知識を吸収してスキルを高めていく必要がありますから、どちらかと言えば、勉強熱心で向上心の高い方が向いています。

そのため、体力と気力が充実した独身の看護師が多い傾向にあります。 若いときに忙しい職場を知っておくと、ブランクを経て復帰するときも楽になります。

自分自身をしっかり管理

急性期病院で働くため看護師に必要なスキルはいくつもあります。

まずは、自分自身をしっかり管理できることが大事です。 急性期病院は、慢性期病院と比較して残業が多い傾向があります。

勤務帯も2交代・3交代になりますから、生活が不規則になり、疲労・ストレスも溜まりやすくなります。

休日を上手に活用してリフレッシュできるように、自分なりの解消法など見つけておきましょう。

そして、可能なかぎり疲労・ストレスを解消してください。 翌日に持ち越してしまうと、解消するのが難しくなります。

次に、救命のための最新医療に取り残されないだけの勉強を怠らないことです。

病気や症状だけでなく、医療機器の取り扱いなど間違う事のないように徹底してください。 急性期病院は、少しのミスが患者の死に直結します。

そして、何より忙しい中にも笑顔を忘れない看護師でいられることです。

機械に囲まれて、命をつなごうとする患者からの反応は薄いこともあるかもしれません。 でも、朗らかな声かけや優しい笑顔を、脳は受け取っていると言われます。

看護師の言動が、患者の命を救うこともありえるのです。

急性期病院への転職を希望される方へ

転職成功の鍵は人材紹介会社選び。
知名度が高く、実績も豊富な人材紹介会社を中心にご紹介しています。

 当サイト人気No.1!看護師求人サイトはこちら