急性期病院 患者

退院するためのサポート

急性期病院に配置されている退院調整看護師をご存知ですか?

退院調整看護師は、入院患者が退院するためのサポートを行う看護師のことです。 「退院調整看護師養成プログラム」などの支援体制も実施されるなど、その重要性が認知され始めております。

退院調整看護師が誕生した背景には、DPCによる入院日数の短縮化もあります。

従来よりも適切な看護が必要となり、慢性期病院へのスムーズな移行が求められます。 患者や家族との仲介役にもなり、今後の具体的な治療プランについても説明していきます。

「急性期病院退院後には、どのような医療施設に移ることになるのか?」「今後の生活プランはどうなるのか?」などについて考え、患者や家族に説明します。

通常の看護師と比べて、医療におけるコンサルタント的な役割が強くなっていると言えます。

短期間で患者や家族を納得させるためには、人柄やコミュニケーションスキルなども大切になってきます。

最終的な決定権は患者や家族にあり、看護師が一方的に決めることはできませんから、最善策を提示して納得してもらう必要があるわけです。

急性期病院から退院して、すぐに日常の生活に戻れない方も多く、今後の生活プランについての説明も必要です。

適切なサポートが必要

入院するということは、相当な精神的負担を伴うのです。

バリバリと仕事をしていた方が病気になれば、今後の生活の不安が増大していくでしょう。 当然、家族のことも気になります。

退院調整看護師は、不安定な状況にある患者をリラックスさせる役割も担っています。 精神的負担を解消することは、病気の早期治療にもつながります。

場合によっては、退院後にリハビリが必要になります。 リハビリは続けてこそ効果が発揮できます。

しかし、リハビリは非常に大変ですから、患者が自主的に続けるのは難しいものです。 退院調整看護師は、リハビリ・介護の指導やメンタルケアなども行い、患者の苦痛を軽減します。

患者が退院後に快適に生活するためには、専門家による適切なサポートが必要なのです。

急性期病院への転職を希望される方へ

転職成功の鍵は人材紹介会社選び。
知名度が高く、実績も豊富な人材紹介会社を中心にご紹介しています。

 当サイト人気No.1!看護師求人サイトはこちら