急性期病院 やりがい

やりがいと大変さは紙一重

急性期病院で働きたい看護師が増えています。

なぜ、わざわざ大変な急性期病院で働きたいのか、そのメリットについて調べてみました。

急性期病院は救急の患者を受け入れる病院のため、業務は多忙を極めます。 忙しいゆえに、1日の密度が非常に高くスキルアップには最適なのです。

身に付く知識・スキルが非常に大きく、転職する際にも武器となります。 急性期病院で数年も働けば、ブランク後の転職も楽になるでしょう。

特に若い看護師に人気が高く、向上心の高い人が集まってきます。

独身看護師がキャリアアップの場として選ぶことも多くなっています。 若いころに大変な職場を体験しておけば、どのような職場でも適応していけるものです。

年齢を重ねてくると新しいことを吸収するのが大変になります。 多くの知識・スキルを高めるためには、若い時がオススメです。

考え方としては、やりがいと大変さは、紙一重だと思うことです。

自身にスキルアップのための強い向上心があれば、大変な職場でも充実感を得ることができます。 その反面、大変であることが苦痛になることもあります。

だから大変さ・多忙さをメリットに感じる人もいれば、デメリットに感じる人もいるのです。 これは、実際に急性期病院で働いてみないと分からないことです。

必然的にスキルが身につく

素早い状況判断力を身に付けたい方は、急性期病院を選ぶことです。 救急患者の看護ですから、必然的にスキルが身につきます。

厳しい環境ゆえに、疲労・ストレスも大きなものとなりますが、これに慣れることで免疫も生じてきます。

結婚を機に離職する女性の場合、復職するときに有利になるのは間違いありません。 ハードな職場での勤務経験があると、以前の感覚を取り戻すのが比較的容易となります。

もし、急性期病院で働きたい場合は、自分で病院を探すものいいのですが、看護師専門のコンサルタントに相談してみてもいいでしょう。 看護師求人・転職サイトを利用すれば、無料でアドバイスを受けることができます。

あとで料金を請求されることもありません。 登録するだけで、実際に急性期の現場で働いている看護師の体験談を聞くこともできます。

急性期病院への転職を希望される方へ

転職成功の鍵は人材紹介会社選び。
知名度が高く、実績も豊富な人材紹介会社を中心にご紹介しています。

 当サイト人気No.1!看護師求人サイトはこちら