急性期病院 転職

肉体的・精神的な問題

急性期病院で働くことをデメリットと感じる看護師もいます。 これは、肉体的・精神的な問題が大きなものとなります。

急性患者の対応をすることは、スキルアップのために有意義ではありますが、そのスピード感についていけないことで、怒られたり自己嫌悪に陥ったりしてしまうと、精神的に疲れてしまうことが多くなります。

最初はこうした職場に憧れていても、実際に勤務することで「自分には不向きだ」と感じることも多いのです。

また、大変な職場で仕事をすると、看護師自身がうつ状態になってしまうこともあります。

大変さを楽しめる方にはいい環境ですが、そうでない方にはストレスになってしまうのです。

知識の吸収力は人によって違うのです。 どんどん吸収していける人もいれば、自分のペースでないと覚えていけない人もいます。

収入や福利厚生に関しては、急性期病院は優れていますが、多忙な職務や人間関係の悪化により、慢性期病院に転職する方もいます。

看護師が長期勤務できる職場は、何よりも「働きやすい環境」なのです。 収入・福利厚生がよくても、続かない職場では意味がありません。

長期勤務を目指す方にとっては、慢性期病院のほうが適していると言えます。

患者の中にはモンスター患者も

急性期病院では、モンスター患者の対応をすることも多くなります。

子どもが急患で運ばれたとき、その親がすぐに治療をするように大声をあげるような場面も多いです。 こうした場面での対応も多いため、精神的に強くない看護師の方だと厳しいかもしれません。

患者や家族を安心させるための看護師自身が、うつ病になったのでは意味がありません。 うつ状態になれば、休職が必須となることが多いです。

うつになる原因が職場にある以上、働きながら処置を施しても改善しにくいのです。 うつ病の最大の治療法は休職であるため、思い切って休職して心身を休める必要があるわけです。

慢性期病院と比べて、急性期病院のほうが肉体・精神ともに大変であることは間違いありません。 こうした職場にやりがいを感じられる人には最適でしょうが、自分のペースでゆったりと仕事したい人には向いていないと言えます。

急性期病院への転職を希望される方へ

転職成功の鍵は人材紹介会社選び。
知名度が高く、実績も豊富な人材紹介会社を中心にご紹介しています。

 当サイト人気No.1!看護師求人サイトはこちら