急性期病院 重症患者

長期入院を目的とした病院

急性期病院とは、その名のとおり急性期の患者の治療をする病院のことです。

急性疾患だけでなく、慢性疾患が急激に悪化した場合の処置も行います。 重症患者の治療には、高度な医療が必須となります。

専門分野の医師も多く、まさしく医療の最前線を担う病院です。

一方、慢性期病院は、長期入院を目的とした病院です。

急性期の患者に対して、こちらは症状が安定しており、急変がまったくないわけではありませんが、危険性はそれほど高くはありません。

急性期病院では、一般病床での入院となります。

入院期間は短くなっており、平均して2週間となっております。

目的は入院ではなく、病気を治療して安定させることにあります。

医療費も高額になるため、一般病床で長期入院することは患者からみてもデメリットとなります。

慢性期病院は、療養病床での入院となります。

療養とは、じっくりと時間をかけて病気を改善していくことです。 急性期の症状が落ち着いても、すぐに健康になれるわけではありません。

日常生活に問題がないレベルまで回復させる必要があります。 そのため、治療期間も長期に渡り、1年以上入院している方もおります。

マイペースで働きたい方に適している

看護師にとっては、急性期病院は多忙を極める職場です。

求められる知識・スキルも高くなります。 救急の患者に対応するためには、さまざまな病気に対する知識が必要となります。

機材や設備関連の取り扱いも多く、薬剤に関する知識も求められます。 そのため、短期間でスキルアップするには最適な職場なのです。

慢性期病院は、マイペースで働きたい方に適しています。

症状が安定した患者の看護をするため、取り扱う機材や設備は急性期病院ほど多くはありません。

患者のメンタリティーを安定させることに関しては、慢性期病院の看護師は非常に優れています。 一人の患者と向き合う時間が長いためです。

慢性期病院は、患者がリラックスするための工夫がなされています。 長期療養を目的としているため、談話室が設置されており、急性期病院よりも快適な入院生活を送ることができます。

急性期病院への転職を希望される方へ

転職成功の鍵は人材紹介会社選び。
知名度が高く、実績も豊富な人材紹介会社を中心にご紹介しています。

 当サイト人気No.1!看護師求人サイトはこちら