急性期病院 看護師

急性期病院で仕事が楽なところはない

急性期病院で仕事が楽なところはないと言われています。

「看護配置基準7:1」を取得した病院の場合は、「看護配置基準10:1」よりも仕事に余裕があるのが一般的です。

ただ、これは病院側の運営方針によっても変わってくるため、7:1だから必ずしも楽とは限らないのです。

病院側としては、7:1のほうが看護師を減らせるので、運営におけるメリットがあります。

その反面、その負担が1人1人の看護師にかかってくることがあります。 すると、10:1と比べても多忙を極めることもあるのです。

結局のところは、病院側が利益を優先するか、看護師の働きやすさを優先するかによって状況は変わってくるのです。

看護配置基準7:1は、日勤と夜勤とで割合が異なることがあります。

日勤では、一人あたりの看護師が受け持つ患者数は少なくなります。 夜勤では、逆に多くなる傾向があります。

そのため、常時7:1というわけではなく、4:1や12:1などと変動することもあります。 そして、24時間をトータルして計算すると7:1になるわけです。

病院側が日勤、夜勤の看護配置をどのようにしているかにより、忙しさが変わってくるわけです。

キャリアコンサルタントに相談

ですから、急性期病院での勤務を検討している方は、看護配置基準7:1を取得している病院でも楽ではないと考えたほうがいいでしょう。

いつ急患が運ばれてくるか分からないので、常に緊張感を維持しなくてはいけないのが急性期病院だとすると、決して楽なはずがありませんね。

看護師の求人・転職サイトを利用すれば、無料でキャリアコンサルタントに相談できますが、いろいろと話を聞いてみると、看護配置基準7:1を取得している急性期病院のなかにも、勤務状況に差があることが分かります。

転職をしたいと思って、求人票を見る機会が多い方もいるでしょうが、そこだけで判断できないこともあるのです。

キャリアコンサルタントに相談すれば、病床数と看護師の割合などを算出して、ゆとりある勤務体制を導入している病院を選んでくれます。

病院の内部事情にも精通していますから、自分で探すよりも確実に楽な職場を見つけることができると評判です。

急性期病院への転職を希望される方へ

転職成功の鍵は人材紹介会社選び。
知名度が高く、実績も豊富な人材紹介会社を中心にご紹介しています。

 当サイト人気No.1!看護師求人サイトはこちら