急性期看護 役割

急性期看護の役割とは?

急性期病院への就職・転職をお考えの看護師さんへ

急性期看護の役割として、急性患者の病状に的確に対応する事が挙げられます。

ご自身で来院される以外にも、救急搬送で運ばれてくる方もいますから、冷静に対応する必要がありますね。中には一刻を争うケースもありますので、迅速に動くことが前提になります。

医師や他の看護師と連携しながら仕事を進める必要があるので、協調性も大切な仕事と言えるでしょう。

特に患者さんは大きな不安を抱えています。救急搬送される患者さんの中には、現状が分からず、痛みと不安で錯誤状態に陥っている方もいますので、少しでも不安を取り除くように、冷静に対応して下さい。

急性期病院は体力的に厳しい仕事なので、20代の新人看護師が多いですね。若い内に急性期病院を経験することで、看護師としてスキルアップに結び付き、その後どのような病院に転職しても通用すると言われていますが、患者さんにとっては新人もベテランも関係ありません。

そのため、看護師としての自覚を強く持って、患者さんに応対する必要がありますね。

看護師求人豊富な人材紹介会社

また、急性期看護師に求められる能力として、臨機応変な対応力も挙げられます。病状は刻一刻と変化していますし、その間も次の急性患者が運び込まれてくるかもしれません。

迅速かつ臨機応変に働くことが、急性期看護師の役割ですね。

先ほど急性期病院は新人看護師が多いと記しましたが、中途採用で希望されるナースもいます。その場合はハローワークや仕事情報誌で求人を探すよりも、人材紹介会社を利用すると良いでしょう。

人材紹介会社には正社員(常勤)、単発アルバイトなど様々なナース求人が集まっていますので、急性期病院のナース求人も見つけやすいと思います。

もちろん探す地域やタイミングによっても異なりますが、まずは人材紹介会社の利用から初めてみて下さい。

 当サイト人気No.1!看護師求人サイトはこちら